ニュース・コラム

PGAツアー

ウーストヘイゼンが完全V王手 モリカワ、スピースらが追う

2021年7月18日(日)午前11:49

2021 全英オープンゴルフ選手権
 海外男子メジャーの全英オープンゴルフ選手権は17日、英国のロイヤルセントジョージズゴルフコース(7,211ヤード・パー70)で第3ラウンドが行われ、ルイ・ウーストヘイゼン(南ア)が「69」をマークし、通算12アンダーで初日からトップの座を譲らず、2010年以来11年ぶりの大会2勝目に王手をかけた。

 ウーストヘイゼンは前半に2つのバーディを奪い順調に折り返したが、後半11番、13番をボギーとする。それでも難しい15番をパーセーブ、16番でバーディを奪い、リードを保った。

「16番のパットを決めて、リードできた時はまるで最終日の終盤のように感じた。それまではショットが少しブレていたが、16番では良いスイングができた」

 ジョン・ラーム(スペイン)が制した全米オープンでは惜しくも1打及ばず単独2位だったウーストヘイゼン。後続にはコリン・モリカワ(米)やジョーダン・スピース(米)らがいるが、このまま逃げ切れるだろうか。

(写真 : Getty Images)

関連番組

2021 全英オープンゴルフ選手権
7月15日(木)~7月18日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。