ニュース・コラム

PGAツアー

コリン・モリカワ「最高の瞬間だった」 24歳でメジャー通算2勝

2021年7月19日(月)午後0:15

2021 全英オープンゴルフ選手権
 海外男子メジャーの全英オープンゴルフ選手権は18日、英国のロイヤルセントジョージズゴルフコース(7,211ヤード・パー70)で最終ラウンドが行われ、初出場のコリン・モリカワ(米)が制した。

 昨年の全米プロゴルフ選手権も初出場ながら優勝し、今回も同じ結果となった。タイガー・ウッズ(米)でさえ初挑戦でメジャー通算2勝とはならなかったが、24歳のモリカワは偉業達成。同選手はパワーヒッターが多いなか正確無比のショット力でフェアウェイとグリーンを捉え続けた。

「最高のギャラリーの中でプレーできた。人生で最高の瞬間だった。キャリアはまだ2年だから歴史的快挙と言われてもよく分からない。だけど、良いゴルフができた。リカバリーもできたし、決めなきゃいけないパットも沈めることができた。本当に嬉しい」

 アメリカでモリカワはスーパーエリートアスリートとして知られている。その理由は大学世界ランキングでトップ10に入っているカリフォルニア大学バークレー校を「卒業」したから。

 アメリカの大学は勉強を怠るとゴルフの練習ができなかったり、試合に出場させてもらえないなど厳しく、実力のある選手は途中でプロ転向することも多い。つまり「出身」となるのだ。しかし、そのなかモリカワはゴルフと学業を両立させ「卒業」し、メジャー通算2勝を挙げるまでの選手に成長した。

 東京五輪のアメリカ代表でもあるモリカワのプレーに今後も注目だ。

(写真:Getty Images)

関連番組

2021 全英オープンゴルフ選手権
7月15日(木)~7月18日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。