ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹、猛追で堂々2位も上がり4ホールのティーショットは「もったいなかった」

2021年8月9日(月)午前10:40

2020-21 WGC-FedExセントジュードインビテーショナル
 8日、松山英樹はプレーオフで敗れたものの、世界選手権シリーズのWGC-FedExセントジュードインビテーショナル(米テネシー州/TPCサウスウィンド)最終日に「63」を記録し、通算16アンダー2位タイ。72ホールを終えた時点のインタビューで以下のように答えた。

―ラウンドを振り返って

 パッティングは良かったです。もう少し昨日のようにチャンスに付けられればと思いました。特に上がりの4ホールはティーショットが曲がってしまったのでもったいなかったです。

―アイアンの手応えは

 良くなって来ていますが、大事な18番のティーショットでミスしているようではまだまだかなと思うので、次に向けて頑張りたいです。

―修正箇所が減ってきている

 今日はパッティングも良かったですし、ショットはもう少し時間が掛かりそうですが、結果的には良くなって来ているので良かったと思います。

―初日と2日目は苦しんだが残り2日間で成果があった

 それがゴルフだと思いますし、初日、2日目が逆に良ければ3日目、4日目が悪い時もあるので、そこは何とも言えないです。

―プレーオフの可能性もあるが

 良いプレーができるように頑張りたいなと思います。
 

最終日ホールバイホール

関連番組

2020-21 WGC-FedExセントジュードインビテーショナル
8月5日(木)~8月8日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。