ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹、小平智は予選落ち ラッセル・ヘンリーが首位キープ

2021年8月14日(土)午前9:30

2020-21 ウィンダムチャンピオンシップ
 米男子ツアーのレギュラーシーズン最終戦、ウィンダムチャンピオンシップは13日、米ノースカロライナ州のセッジフィールドカントリークラブ(7,131ヤード・パー70)で第1ラウンド未消化分と第2ラウンドが行われた。

 松山英樹は4バーディ、3ボギーの「69」でプレーし、通算2アンダー75位タイで予選落ち。また、通算2オーバー132位タイで決勝ラウンド進出を逃した小平智はシード権確保ならず、入れ替え戦に臨むこととなった。

 通算14アンダー単独首位にラッセル・ヘンリー(米)。通算10アンダー2位タイに東京五輪銀メダルのローリー・サバティーニ(スロバキア)、ウェブ・シンプソン(米)、スコット・ピアシー(米)、通算9アンダー5位タイにジャスティン・ローズ(英)らが続く。

 マット・クーチャー(米)は通算7アンダー12位タイ、トミー・フリートウッド(英)は通算6アンダー23位タイ、アダム・スコット(豪)、ババ・ワトソン(米)は通算4アンダー41位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020-21 ウィンダムチャンピオンシップ
8月12日(木)~8月15日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。