ニュース・コラム

PGAツアー

米ツアー新シーズン初戦のV予想 松山英樹は13位、J.ラームが1位

2021年9月14日(火)午前11:26

2021-22 フォーティネットチャンピオンシップ
 13日、米男子ツアーの2021-22年シーズン初戦、フォーティネットチャンピオンシップ(16~19日/米カリフォルニア州/シルバラードリゾート&スパ)の優勝予想が同ツアー公式サイトで発表された。

 昨季はマスターズトーナメントで優勝、8年連続でプレーオフシリーズ最終戦に進出など偉業を成し遂げた松山英樹は13位予想。シルバラードリゾートで2014年は3位タイ、2015年は17位タイに入っていることが評価された。

 1位に推されたのは世界ランク1位のジョン・ラーム(スペイン)。6月の全米オープンゴルフ選手権で優勝してから3位タイ、単独3位、9位タイ、単独2位と好成績を残している。また、今大会には新人だった2016年に出場し、15位タイに入っている。

 以下、2位に直近4試合でトップ10入り3回のケビン・ナ(米)、3位に2020-21年シーズンの新人王に輝いたウィル・ザラトリス(米)、4位にウェブ・シンプソン(米)、5位にハロルド・ヴァーナーIII(米)がランクインした。

(写真:Getty Images)

関連番組

2021-22 フォーティネットチャンピオンシップ
9月16日(木)~9月19日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。