ニュース・コラム

国内男子

池田勇太とノリスが首位で決勝へ 16歳アマ・隅内雅人がエース達成

2021年10月15日(金)午後6:00

2021 日本オープンゴルフ選手権競技
 国内男子ツアーの日本オープンゴルフ選手権競技は15日、滋賀県の琵琶湖カントリー倶楽部・三上コース(6,986ヤード・パー71)で第2ラウンドが行われ、池田勇太、ショーン・ノリス(南ア)が通算11アンダー首位タイで決勝ラウンドへ進む。

「66」を記録した池田は「スコアは良かったけど、もっと楽にゴルフがしたかった。メジャーであることは重々承知の上だけど、そのことよりもこの大勢の人がいる前で優勝がしたい」と大会3勝目に向けてコメントした。

 通算10アンダー3位タイに2015年覇者の小平智、岩田寛、香妻陣一朗、通算9アンダー単独6位に亀代順哉、通算8アンダー7位タイに前回覇者の稲森佑貴、市原弘大、高山忠洋が続く。

 星野陸也、金谷拓実は通算5アンダー17位タイ、2番パー3で大会最年少ホールインワンを達成した16歳・アマチュアの隅内雅人(水戸啓明高2年)は通算3アンダー26位タイ、同じくアマチュアの中島啓太(日本体育大3年)は通算イーブンパー60位タイとなった。

 隅内は「5番で打って上手く手を放してみたら、良い感じで飛んで行ってくれた。乗ったかと思ったらエッジを越えて良いところに転がって行って、それで急に球が消えた。入った?みたいな感じだった」と振り返っている。

(C)JGA

関連番組

2021 日本オープンゴルフ選手権競技
10月14日(木)~10月17日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。