ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹が3位、木下稜介と金谷拓実も選出 ZOZOチャンピオンシップV予想

2021年10月19日(火)午前11:32

2021-22 ZOZOチャンピオンシップ
 18日、米男子ツアーのZOZOチャンピオンシップ(21~24日/千葉県/アコーディア・ゴルフ 習志野カントリークラブ)の優勝予想が同ツアー公式サイトで発表された。

 日本勢は松山英樹が3位、木下稜介が10位、金谷拓実が11位にランクイン。マスターズチャンピオンの松山は2019年大会でタイガー・ウッズ(米)と優勝争いを演じ、通算16アンダーで単独2位に入ったことが評価されている。

 木下は日本ツアーで6月に2勝、直近6試合でトップ10入りを5回、賞金ランキングで首位に立っていること、金谷は元世界アマランク1位で、ここ7試合で5回のトップ10入りを記録していることなどが評価された。

 優勝候補最有力に推されたのは、東京五輪で金メダルを獲得したザンダー・シャウフェレ(米)。2位は前週のザ・CJカップ@サミットで最終日に「62」を叩き出し、単独2位に入ったコリン・モリカワ(米)となっている。

 4位はウィル・ザラトリス(米)、5位はリッキー・ファウラー(米)、6位は東京五輪銅メダルのパン・チェンツン(台)、7位はジョナサン・ヴェガス(ベネズエラ)、8位はトミー・フリートウッド(英)、9位はホアキン・ニーマン(チリ)と続く。

(写真:Getty Images)

関連番組

2021-22 ZOZOチャンピオンシップ
10月21日(木)~10月24日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。