ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹、日本ファンの前で米ツアー7勝目 金谷拓実、モリカワが7位

2021年10月24日(日)午後4:40

2021-22 ZOZOチャンピオンシップ
 米男子ツアーのZOZOチャンピオンシップは24日、千葉県のアコーディア・ゴルフ 習志野カントリークラブ(7,041ヤード・パー70)で最終ラウンドが終了。松山英樹が後続に5打差をつける通算15アンダーでツアー通算7勝目を挙げた。

 単独トップから出た松山は、6番パー5で約10メートルのイーグルパットを沈め、最終18番パー5ではもう少しでアルバトロスというセカンドショットを披露しイーグル。トータル2イーグル、3バーディ、2ボギーの「65」で回り、米ツアー唯一の日本開催トーナメントで4月のマスターズトーナメント以来となる今季初勝利を手にした。

 通算10アンダー2位タイにキャメロン・トリンガル(米)、ブレンダン・スティール(米)、通算6アンダー4位タイにマッケンジー・ヒューズ(カナダ)、マット・ウォレス(英)、セバスチャン・ムニョス(コロンビア)が入った。

 松山の東北福祉大学の後輩である金谷拓実は4バーディ、ノーボギーの「66」をマークし、コリン・モリカワ(米)、トミー・フリートウッド(英)らと並ぶ通算5アンダー7位タイ。また、「63」を記録した中西直人、アマチュアの中島啓太は通算イーブンパー28位タイだった。

 東京五輪ゴールドメダリストのザンダー・シャウフェレ(米)は通算イーブンパー28位タイ、リッキー・ファウラーは通算3オーバー44位タイで大会を終えている。

<日本勢の最終結果>
1位(-15)松山英樹
7位(-5)金谷拓実
18位(-2)今平周吾
18位(-2)岩田寛
28位(0)中島啓太
28位(0)中西直人
35位(1)稲森佑貴
35位(1)大槻智春
35位(1)香妻陣一朗
39位(2)星野陸也
39位(2)永野竜太郎
44位(3)大岩龍一
52位(5)久常涼
57位(7)小平智
57位(7)比嘉一貴
57位(7)杉山知靖
66位(9)木下稜介
66位(9)片岡尚之
77位(17)今田竜二

関連番組

2021-22 ZOZOチャンピオンシップ
10月21日(木)~10月24日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。