ニュース・コラム

国内女子

稲見萌寧、賞金女王に「嬉しいという気持ちが一番」

2021年11月28日(日)午後4:13

2021 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
 国内女子ツアーのLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは28日、宮崎県の宮崎カントリークラブ(6,543ヤード・パー72)で最終ラウンドが行われ、稲見萌寧は「73」で回り、通算イーブンパー9位タイで終え、賞金女王に輝いた。

「嬉しいという気持ちが一番」と口にした稲見は賞金女王が決定した後に涙。「泣くつもりはなかったですが、コーチに泣かれたら堪えきれませんでした」。長丁場となった今シーズンは「良かったことも多かったですが、しんどかったこともありました。今週もしんどかったですが(コーチなどに)支えてもらえて良かったです」とし、来季は「トレーニングやゴルフの実力を上げて、さらにパワーアップできればと思います」と話した。

(写真:Getty Images)

関連番組

2021 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
11月25日(木)~11月28日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。