ニュース・コラム

PGAツアー

ジェフ・オギルビー、メダイナCCの改造を監修

2021年12月28日(火)午後0:05

この記事のキーワード
 2006年の全米オープンゴルフ選手権を制したオーストラリア出身のジェフ・オギルビーは2010年頃から「OCM」というコース設計や改修を行う会社を設立し、オーストラリアやニュージーランドだけでなくアメリカでもビジネスを展開させている。

 そんな「OCM」が来年から改造することになったのは、全米オープン(1949年、1975年、1990年)、全米プロゴルフ選手権(1999年、2005年)などの舞台となった「メダイナCC コースNo.3」。米ゴルフダイジェストによると、その改造コストは約27億円。オギルビーは「我々の計画に賛同して頂けて光栄。良いコースにできる自信がある」と話しており、オープンは2024年を目指すという。

 ゴルフビジネスパーソンとしてすぐ思い浮かぶのはグレッグ・ノーマン氏だが、同氏もオーストラリア出身。オギルビーが大先輩に影響を受けたのかは定かではないが、ゴルフ発展のために大きな役割を担っていることは間違いない。

(写真:Getty Images)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。