ニュース・コラム

PGAツアー

ゴルフ界で最も勢いのある男 モリカワの1ショットあたりの“お値段”は?

2021年12月29日(水)午前10:23

2021-22 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ
この記事のキーワード
 現世界ランキング2位のコリン・モリカワ(米)が1ショットあたりで稼ぎ出した金額はいくらになるのか? 英デイリー・メール(電子版)が試算している。

 24歳ながらすでにメジャー2勝(全米プロゴルフ選手権、全英オープンゴルフ選手権)を含む米ツアー通算5勝を挙げ、今年はライダーカップにも出場したモリカワ。先月にはアメリカ勢として初の欧州ツアー(現DPワールドツアー)年間王者に輝くなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで出世の階段を駆け上がっている。

 デイリー・メールによると、モリカワはプロ転向後2年で賞金2,400万ドル(約27億6,000万円)を獲得。これは1試合あたり40万ドル(約4,600万円)、1ラウンドあたり10万3,000ドル(約1,200万円)を稼いでいることになり、1ショットあたりでは驚愕の1,488ドル(約17万円)になるという。

 タイガー・ウッズ(米)も「凄く凄く安定していて、信じられないほどのアイアンプレーヤーだ」と一目を置く存在で、今ゴルフ界で最も勢いのある男と言ってもいいモリカワ。2022年はセントリートーナメント オブ チャンピオンズ(1月6日~/米ハワイ州/プランテーションコース at カパルアリゾート)から始動する予定だ。

(写真:Getty Images)

関連番組

2021-22 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ
1月6日(木)~1月9日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。