ニュース・コラム

PGAツアー

デイ、4年ぶりの優勝遠のく「79」… ムービングデーに大失速

2022年5月8日(日)午後0:33

2021-22 ウェルズファーゴチャンピオンシップ
 7日、米男子ツアーのウェルズファーゴチャンピオンシップ(米メリーランド州/TPCポトマック at アヴェネルファーム)は第3ラウンドの競技が終了。単独トップからスタートしたジェイソン・デイ(豪)は1バーディ、5ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギーの「79」を叩き、通算1アンダー13位タイに後退している。

 後続に3打差をつけて決勝ラウンドに進んだデイだが、ムービングデーに大失速。3番ボギー、4番トリプルボギー、5番ボギーで首位の座を明け渡すと、9番ボギー、10番ダブルボギー。12番パー3でこの日唯一のバーディを奪ったものの、15番、16番で連続ボギーを喫してまさかの9オーバーのラウンドとなった。

「今日は多くの間違いを犯してペナルティエリアに打ち込んだ」と言葉少なに語ったデイ。単独トップのキーガン・ブラッドリー(米)とは7打差と4年ぶりの優勝は難しい状況となったが、「明日また頑張らないといけない。2日目までのポジティブな部分を見つけないとね」と気持ちを切り替えて最終日に臨むとしている。

(写真 : Getty Images)

関連番組

2021-22 ウェルズファーゴチャンピオンシップ
5月5日(木・祝)~5月8日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。