ニュース・コラム

PGAツアー

タイトリストのゴルフボールが全米オープンで74年連続使用率No.1(PR)

2022年6月14日(火)午後5:00

 タイトリスト ゴルフボールが全米オープンで初めて使用率No.1に輝いたのは、メダイナCCで開催された第49回大会のことだった。それから73年間、タイトリスト ゴルフボールは全米オープン使用率No.1ブランドであり続け、2022年、記念すべき第120回大会においてそのNo.1記録を「74」に更新した。

 全米オープンはアメリカ合衆国のナショナルオープンであるだけでなく、世界各国で予選を行い、プロ、アマを問わず、志あるゴルファーすべてに広く門戸を開いてきた歴史あるメジャー競技。

 タイトリストは世界のゴルファーが死力を尽くしてその頂点を目指して挑戦する全米オープンを特別な存在として捉え、常にそのフィールドを最高のテストフィールドとしてより良いゴルフボール開発に活かして来た。

(C)Getty Images

 タイトリストが全米オープンでの使用率を重要視し続けてきたのは、今大会こそが最も厳しいコースセッティングの中で覇権を争う特別な大会だからである。この大会の頂きに立つためにプレーヤーからはゴルフボールに対してシビアな要求が寄せられる。

 年々コースヤーデージが長くなり、ラフは深く、粘り、グリーン面も硬くセットされる傾向にある全米オープン。その攻略のため、プレーヤーからはゴルフボールに対して飛距離性能だけでなく、ターゲットを射抜く正確性、厳しい気象条件にも影響を受けない弾道安定性、そしてスコアリングの決め手になるアプローチでのスピンコントロール性能、打感、打音など、すべてのパフォーマンスにおいて進化、向上が求められる。

 ベストスコア達成に導くためのゴルフボール性能がたったひとつではないことを全米オープンの厳しいコースセッティングが教えてくれる。

(C)Getty Images

 第122回を迎える全米オープンは、マサチューセッツ州にあるザ・カントリークラブが舞台。1882年に創設された全米でも最も古い歴史と格式を備えた名門クラブだ。

 イングランドに展開するクラシックコースの様式を受け継ぎ、フェアウェイの大きなうねりと高低差、ドッグレッグ、小さなグリーンが落とし場所を絞る難攻不落のレイアウト。

 全米オープンは1988年以来となる4度目の開催で、前大会での優勝スコアは通算6アンダーだった。また、2013年には全米アマチュアゴルフ選手権が開催され、タイトリスト ボールプレーヤーであるマシュー・フィッツパトリックが優勝を果たしている。



 世界一過酷な全米オープンに挑むエリートプレーヤーたち。タイトリスト ゴルフボールはその極限プレーの中で70年以上も最も多くのプレーヤーの信頼を集め続けている。

 その事実は最も優れ、信頼されるボールとは何かを示す確かな指標となり、さらなる進化、未来へとつながる最も多くのフィードバッグを得る権利を有していることの証明にもなった。

 1935年、第一号ボールを誕生させたタイトリスト創始者のフィル・ヤングは、トッププレーヤーに精度の高いボールの供給を行うだけでなく、その使用感を仔細漏らさず聞くことこそが最重要だと考えていた。

 プレーヤーの声が次モデル開発の道を拓き、さらに優れたゴルフボールの誕生へとつながっていくからである。そして、そのトータルパフォーマンスに優れたゴルフボールがプレーヤーを強力にサポートし、さらなるベストスコア更新へと導いていくと確信していた。

 ブランド創設90年を迎えた2022年においても、その開発マインドはまったく変わっていない。プレーヤーの声に耳を傾け、さらにトータルパフォーマンスに磨きをかけ、ベストスコアに貢献していく。それがタイトリストの原動力である。

 使用率No.1とは、どのボールブランドよりも多くの有能なテスターを世界のあらゆるツアーに有していることの証し。そして、その正しい評価は全米オープンに象徴される、真剣勝負のフィールドでしか得られない価値あるものだ。

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。