ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹ら日本勢7人が集結 シェフラー、トーマスは偉業に挑戦/全米オープン

2022年6月15日(水)午前10:50

2022 全米オープンゴルフ選手権
 海外男子メジャーの今季第3戦、全米オープンゴルフ選手権が16日に開幕する。舞台は米マサチューセッツ州のザ・カントリークラブ(7,264ヤード・パー70)で、全米オープンはカーティス・ストレンジ(米)がニック・ファルド(英)をプレーオフで下した1988年大会以来4度目の開催となる。

 日本勢は松山英樹、アマチュアの中島啓太(日体大4年)に加え、最終予選会で出場権を手にした杉山知靖、出水田大二郎、香妻陣一朗、星野陸也、小平智の計7人が集結。松山は失格(使用クラブがルールに抵触)となった2週前のザ・メモリアルトーナメント presented by ワークデイ以来の試合でメジャー2勝目を狙う。

 日本勢以外では、4月のマスターズトーナメントを制した世界ランキング1位のスコッティ・シェフラー(米)、5月の全米プロゴルフ選手権を制したジャスティン・トーマス(米)に期待したい。同一シーズンに全米オープンも勝ったのはそれぞれ過去5人のみで、史上6人目の偉業に挑戦することとなる。

 さらに前回覇者のジョン・ラーム(スペイン)、2週連続優勝と約8年ぶりのメジャー制覇がかかるローリー・マキロイ(北アイルランド)、3年連続のメジャー優勝を狙うコリン・モリカワ(米)、大会3勝目を目指すブルックス・ケプカ(米)にも注目。パトリック・キャントレー(米)、キャメロン・スミス(豪)、ヴィクトル・ホヴランド(ノルウェー)、サム・バーンズ(米)は初のメジャータイトルに挑む。

 また、11日まで開催されていた新リーグ「LIVゴルフ」の初戦に出たことで、PGAツアーから処分を受けたフィル・ミケルソン(米)やダスティン・ジョンソン(米)、2戦目に出場予定のブライソン・デシャンボー(米)らもフィールドリストに名を連ねている。全米オープンはPGAツアーではなく全米ゴルフ協会の主催だが、ツアーに反旗を翻した選手の動向には大きな注目が集まりそうだ。

 ちなみに、ザ・カントリークラブで行われた過去3大会はすべてプレーオフ決着。大混戦必至の戦いを制するのは誰か?

(写真:Getty Images)

 

関連番組

2022 全米オープンゴルフ選手権
6月16日(木)~6月19日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。