ニュース・コラム

PGAツアー

X.シャウフェレ、久々の個人戦Vに「我慢強くプレーできた」

2022年6月27日(月)午後4:55

2021-22 トラベラーズチャンピオンシップ
 米男子ツアーのトラベラーズチャンピオンシップは26日、米コネチカット州のTPCリバー・ハイランズ(6,852ヤード・パー70)で最終ラウンドが行われ、ザンダー・シャウフェレ(米)が「68」で回り、通算19アンダでツアー通算6勝目を手にした。

 個人戦では2019年1月のセントリートーナメント オブ チャンピオンズ(今年4月の団体戦、チューリッヒクラシック オブ ニューオーリンズは優勝)を最後に勝利がなかったシャウフェレは「耐え切れないことが原因で勝利を逃してきたけれど、今週は我慢強くプレーできた」と振り返った。

 シャウフェレは最終18番でバーディを奪い優勝したが、前の組でプレーしていたサーヒス・シーガラ(米)が同ホールでダブルボギーを叩かなければ展開は違ったかもしれない。

 シーガラは通算19アンダーで最終ホールを迎えたが、ティーショットがフェアウェイバンカーに捕まり、第2打目は不運にもアゴに当たり脱出できず。第3打目は近くに出すだけ。4打目でグリーンを捉えたが、ボギーパットを沈めることはできなかった。

 その模様を見ていたシャウフェレは「パーで上がれるようにゲームプランを変更した。とにかくフェアウェイをキープすることを心掛けた」と、結果的には約1メートルのバーディパットを沈めてガッツポーズをした。

(写真:Getty Images)

関連番組

2021-22 トラベラーズチャンピオンシップ
6月23日(木)~6月26日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。