ニュース・コラム

PGAツアー

全英出場権は誰の手に? グローバー、シンプソン、小平智、今田竜二ら参戦

2022年6月29日(水)午後0:59

2021-22 ジョンディアクラシック
 米男子ツアーのジョンディアクラシックは30日、米イリノイ州のTPCディアラン(7,289ヤード・パー71)を舞台に開幕する。

 前回大会はルーカス・グローバー(米)が優勝。上がり7ホールで5バーディを奪う猛チャージを披露し、通算19アンダーで10年ぶりのツアー通算4勝目を手に。2000年代、2010年代、2020年代でタイトルを獲得した7人目の選手となった。

 今年は連覇を目指すグローバー、前週のトラベラーズチャンピオンシップで2位タイに入ったサーヒス・シーガラ(米)とJ.T.ポストン(米)、ウェブ・シンプソン(米)、ジェイソン・デイ(豪)、ザック・ジョンソン(米)らが参戦する。

 日本からは小平智と今田竜二がエントリー。小平は今月に入ってRBCカナディアンオープンを腰痛のため途中棄権、全米オープンゴルフ選手権とトラベラーズチャンピオンシップは予選落ちを喫しており、まずは4日間完走を果たしたいところだ。

 なお、今大会の上位3名(有資格者を除く)には全英オープンゴルフ選手権(7月14~17日/スコットランド/セントアンドリュース オールドコース)の出場権が与えられる。

(写真:Getty Images)

関連番組

2021-22 ジョンディアクラシック
6月30日(木)~7月3日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。