PGAツアー

2014-15 バルスパーチャンピオンシップ

2014-15 バルスパーチャンピオンシップ
  • 3月12日(木)~3月15日(日)
  • コース:イニスブルックリゾート・カッパーヘッドコース at フロリダ州
  • 賞金総額:590万ドル
フロリダスイング第3戦。PGAツアー屈指の難コース、イニスブルックリゾート・カッパーヘッドコースで行われる。16番ホールから18番ホールは通称「スネークピット(蛇の穴)」と呼ばれ、その名の通りコース終盤にして最難関の3ホールが待ち構える。 最終日午後から吹き荒れた風の中、コースとの戦いを制したのは42歳、豪州出身のジョン・センデン。センデンは「スネークピット」入口の16番をバーディーとすると、続く17番でもバーディー。伸び悩む上位陣を抜き、1打差で8年ぶりの米ツアー優勝を飾った。 日本の石川遼は最終日に「68」をマークし、25位タイに順位を上げフィニッシュ。好感触で昨年大会を終えているだけに、今年の活躍に期待したい。 ※全ラウンド生中継

試合結果

2014-15 バルスパーチャンピオンシップ

順位
選手名
1R
2R
3R
4R
合計
スコア
1
ジョーダン・スピース
70
67
68
69
274
-10
2
ショーン・オヘア
66
72
69
67
274
-10
2
パトリック・リード
72
68
68
66
274
-10
4
ヘンリック・ステンソン
67
70
71
67
275
-9
5
ライアン・ムーア
69
68
67
72
276
-8

詳細を見る