ニュース・コラム

国内女子

吉田弓美子、18番のバーディで逆転優勝! 畑岡奈紗は3打差6位

2017年10月8日(日)午後5:40

ぎゅっと週刊国内ツアー
 国内女子ツアーのスタンレーレディスゴルフトーナメントは8日、静岡県の東名カントリークラブを舞台に最終ラウンドの競技を終了。吉田弓美子が大混戦を制して今季2勝目を飾っている。

 2打差の3位から出た吉田は、2番からボギーを叩くなど我慢のゴルフが続くが、上り2ホールで連続バーディをマーク。トータル5バーディ、3ボギーの「70」でラウンドした同選手は、通算9アンダーまでスコアを伸ばし、逆転でツアー通算7勝目を手にしている。

 一方、藤本麻子は16番までに7バーディを奪うなど、一時は首位に浮上するも、上り2ホールで3つスコアを落とし、イ・ミニョン(韓)とともに通算8アンダー2位タイ。前日首位のテレサ・ルー(台)は、スコアを落とし通算7アンダー4位タイに上田桃子と並ぶ。

 その他、3週連続優勝を目指した畑岡奈紗は3アンダー69で回るも、通算6アンダー6位タイ、賞金ランキング1位のキム・ハヌル(韓)は通算5アンダー9位タイ。昨年覇者のアンソンジュ(韓)、香妻琴乃らは通算3アンダー15位タイ、イ・ボミ(韓)は、川岸史果らとともに通算1アンダー27位タイで3日間の競技を終えている。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

ぎゅっと週刊国内ツアー

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。