ニュース・コラム

国内男子

松山「大きな差がある」 全米覇者B.ケプカに完敗で痛感

2017年11月20日(月)午前11:43

 19日に全日程を終了した国内男子ツアーのダンロップフェニックストーナメント(宮崎県フェニックスカントリークラブ)。ブルックス・ケプカ(米)が連覇を成し遂げた一方、松山英樹は10打差の5位でフィニッシュ。米『Golf Channel』もケプカ対松山の一戦に注目していたようで、試合後の松山のコメントを報じている。

 ケプカは通算20アンダーまでスコアを伸ばし、後続に9打差で大会史上5人目の連覇を達成。また、2004年にタイガー・ウッズ(米)が打ち立てた8ストローク差の大会記録を1打更新する圧勝劇を演じている。

 一方、最終日の3番パー3でホールインワンを奪うなど見せ場を作った松山だったが、2アンダー69とスコアを伸ばし切れず、通算10アンダー単独5位で終戦。

 大会前の世界ランキングでは、10位のケプカに対して松山は4位。しかし、同選手は試合後、2017年全米オープン覇者との間には「大きな差がある」とコメント。さらに「練習の量が足りないのか、良いプレーを続けられないだけなのかわからない。でも、解決すべき問題が多く残っている」と話した。

 現地時間30日に開幕するウッズ主催のヒーローワールドチャレンジ(バハマ、アルバニー)で両者は再び顔を合わせることとなる。

(写真提供:Getty Images)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。