ニュース・コラム

その他

中嶋常幸プロ、いつまでも健康で強いゴルファーであり続ける秘訣は?

2018年6月7日(木)午後0:54

 健康的なシリアル食品としておなじみのカルビー「フルグラ」と順天堂大学の共同研究プロジェクト記者発表会が行われ、ゲストとして中嶋常幸プロがトークセッションに登壇した。

 このプロジェクト発表の冒頭、カルビー株式会社代表取締役会長兼CEOの松本晃氏は、高血圧・心臓病・糖尿、がんなどを予防し、健康でい続けるための食品開発を目指し、親交があった順天堂大学大学院教授の天野篤氏へ共同研究を依頼し、本プロジェクトが発足したと説明。

 また、天野教授は、共同研究プロジェクトについて「生活習慣の中でも食事が大事。日本人は塩分摂取量が高い傾向があるが、健康でい続けるためには塩分をおさえた食事を意識する必要がある。フルグラは塩分摂取をおさえる朝食として注目している。あらゆる世代に受け入れられる商品だと思う」と語った。

 その後、順天堂大学教授陣からフルグラ摂取による減塩達成による様々なメリットが研究データとともに紹介され、最後に天野教授と「フルグラ」のTVCMにも出演するプロゴルファー 中嶋常幸氏、カルビー フルグラ事業本部長藤原かおり氏によるトークセッションが行われた。
 

 中嶋プロによると、若いときは何を食べても試合に影響はなかったが、40代くらいからアスリートとして何を自分の身体に摂り入れるべきか真剣に考えるようになったようだ。60歳を過ぎて現在は「孫に近い年齢の若手とプレーする機会も増えてきた。彼らといつまでもプレーし続けるためにも食事の大切さをより実感している」とのこと。

 特に、プロゴルファーは食事の時間が不規則になる。プレー開始時間によっては、朝の3時頃に起きて朝食を食べることもあれば、試合の状況によっては3食まともに食べられないこともしばしばだ。そんななか美味しく健康に良いものを食べたいと思ったとき「フルグラは自分にあう食事だと思う」と語った。
 

ゴルフは体力勝負であることは間違いない。長く健康でゴルフを続けていくためにも、食生活を考え直してみるのはいかがだろうか?

【関連】 カルビー フルグラ

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。