ニュース・コラム

その他

2006年以来の賞金総額1000万円増!JGA主催オープンゴルフ選手権記者発表会

2019年9月10日(火)午後7:00

 10日、公益財団法人日本ゴルフ協会(JGA)は、都内でJGA主催オープンゴルフ選手権記者発表会を開き、今年度の日本シニアオープンゴルフ選手権、日本女子オープンゴルフ選手権、日本オープンゴルフ選手権3大会のついての概要説明を行いました。

 会見にはJGA常務理事の戸張捷氏、JGA専務理事の山中博史氏が登壇。また開催コースの支配人とグリーンキーパーらも出席しました。

 日本女子オープンと日本オープンでは、2006年以来となる賞金総額の増額が発表され、日本女子オープンは賞金総額1億5000万円(優勝賞金3000万円)に、日本オープンは賞金総額2億1000万円(優勝賞金4200万円)となり、それぞれ昨年度から1000万円の増額となりました。

 出場予定選手について、日本女子オープンでは、昨年優勝のユ・ソヨン(韓国)をはじめ、畑岡奈紗、フォン・シャンシャン(中国)などロレックスランキング(女子世界ランキング)の上位者、今年度の日本女子アマチュアゴルフ選手権優勝の西郷真央(アマチュア)、渋野日向子をはじめとする国内女子ツアーの優勝者、予選会通過者のほか、JGA特別承認者として濱田茉優、安田祐香(アマチュア)、今年度の全米女子アマチュアゴルフ選手権優勝のガブリエラ・ラッフルズ(オーストラリア)が出場予定、また日本オープンではアダム・スコットのエントリーが発表されました。

 19日に開幕する日本シニアオープンでは、青木功以来の4連覇がかかるプラヤド・マークセン(タイ)のほか、今季シニアデビューとなる手嶋多一、深堀圭一郎、丸山茂樹らが出場予定となっています。

 また共催で3大会をテレビ中継する日本放送協会(NHK)では、日本女子オープンと日本オープン最終日の放送時間を最終組にスタート時間に合わせ、優勝争いの模様を長時間に渡り中継する体制をとることも発表されています。

 なおCS放送ゴルフネットワークでは、日本女子オープンと日本オープンの決勝ラウンド2日間の1番ホールを生中継する予定となっています。

<大会日程>
第29回日本シニアオープンゴルフ選手権(9月19日~22日/日高カントリークラブ/埼玉県)
第52回日本女子オープンゴルフ選手権(10月3日~6日/COCOPA RESORT CLUB白山ヴィレッジゴルフコース/三重県)
第84回日本オープンゴルフ選手権(10月17日~20日/古賀ゴルフ・クラブ/福岡県)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。