ニュース・コラム

レッスン

田中瑞希、飛距離を出すには「肩と腕とでてきる三角形を崩さず真っすぐ引く」

2019年3月21日(木)午前10:04

国内女子ツアー開幕特別企画 ゴルフ真剣勝負 the MATCH 黄金世代ダブルスSP 2019
この記事のキーワード
「小さい(身長151cm)わりに良く飛ぶね」と言われ、その秘訣を聞かれることも多いのですが、私の場合、特に「これが飛びのコツ」というものはありません。ただ、ドライバーを打つときは、「テークバックの際、右足の前まではクラブを真っ直ぐ引く」ということだけは強く意識しています。

 具体的には、写真①~③のように、構えたときに“肩と腕”とでできる三角形を崩さずに、真っ直ぐ引く。ただこれだけです。あとは、その他のことは一切意識せず、振りたいように振っています。

写真①


写真②


写真③

 あまりにも基本的なことなので、拍子抜けをされた方もいるかもしれませんが、こういう大事なことを疎かにすると、どんなに素晴らしいテクニックを持っていても常にいい結果を残すことはできません。

 ショットが安定しないという人は、ぜひ「真っ直ぐ引く」を強く意識してみてください。

田中瑞希(たなか・みずき)
1998年熊本県まれ。熊本国府高校のゴルフ部に所属。2018年のQT24位の資格で今年からツアーに参戦。身長151cmという小柄ながら、ドライバーの平均飛距離は250ヤードを誇る。

【関連】ZAKZAK by 夕刊フジ(夕刊フジ 2019/3/7 発売号より転載)

関連番組

国内女子ツアー開幕特別企画 ゴルフ真剣勝負 the MATCH 黄金世代ダブルスSP 2019

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。