ニュース・コラム

レッスン

遠心力でクラブヘッドはターンする!和田泰朗プロのキープレフト理論を体感するドリル【ゴルフ1分ドリル】

2020年3月18日(水)午後1:28

プレメンレッスン!Season 3 和田泰朗メソッド
この記事のキーワード
 ゴルフネットワークで放送中の「プレメンレッスン!Season3」に出演する和田泰朗プロ。USGTF(全米ゴルフ教師連盟)マスターティーチングプロの資格を有し、世界中のメソッドを検証して確立したのが、クラブを体の左サイドに保つ「キープレフト理論」。スイングをよりシンプルにするという理論を体感することができるドリルを紹介します。

 今回は遠心力でクラブヘッドがターンする感覚を養うドリルです。
 
クラブヘッドは遠心力によって自動的にターンする
 

 キープレフト理論では、アームワーク、リストターンを一切使用しないことを推奨しています。クラブヘッドは遠心力によって自動的にターンするという感覚を養ってください。

 タオルの先端に軽く結び目を作って、もう一方をクラブの先端に結びます。この状態で、体の後ろに結び目を持ってきて地面を引きずるように円を描きます。そうするとタオルの結び目がシャフトの先端を追い越していくと思います。つまり、クラブヘッドがターンしていることがわかります。

 フォースを閉じていると遠心力が起きず、逆にクラブが開いてしまう作用が働いてしまいます。インサイド側にフェースを開く、クラブを寝かせることで、クラブヘッドは遠心力によって自動的にターンしていくんだという感覚を、このドリルで養ってください。

【関連】プレメンレッスンショート動画

関連番組

プレメンレッスン!Season 3 和田泰朗メソッド

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。