ニュース・コラム

レッスン

ティーアップしたボールを打ってアプローチを安定させよう!大西翔太メソッド1分ドリル

2020年5月21日(木)午後4:45

プレメンレッスン!Season3 大西翔太メソッド
この記事のキーワード
 ゴルフネットワークで放送中の「プレメンレッスン!Season3」に出演する大西翔太ツアープロコーチ。青木瀬令奈プロのコーチとしてツアーに帯同し、妹は女子ツアーで活躍する大西葵プロという大西コーチは、メンタルやカラダのケアなど様々な角度からゴルフを追求し、女性やジュニアなど幅広い層のアマチュアにもレッスンを行っています。今回は、アプローチが上達するドリルを紹介します。
 
ポイントは気持ち良い手の感触を求めること
 

 アプローチが劇的にうまくなるドリルを紹介します。

 高くティーアップしたボールをクリーンに打っていきます。うまく打てるようになると、入射角やボールの入り方が非常に綺麗になっていきます。

 少しでも下から入ると、ティーを打ってしまうので手の感触が悪くなります。逆にボールの上を打ってしまうとトップします。手の感触だけを求めて、手に伝わる気持ち良い感触だけを意識しましょう。ボールだけをさらえるようになると、いい感触になります。入射角が安定しない方には、ぜひやっていただきたいドリルです。

 このドリルの応用編として、バンカーショットの練習をすることが出来ます。ティーアップしたら、今度はボールではなくティーを打ってください。ボールに当たってしまうとホームランしてしまいますし、下からすくいすぎるとダフってしまいます。少しフェースを開いて、ティーだけを打っていきます。バンカーの砂を打つイメージと同じ感じで打てますので、ぜひ試してみてください。

  【関連】プレメンレッスンショート動画

関連番組

プレメンレッスン!Season3 大西翔太メソッド

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。