ニュース・コラム

レッスン

香妻琴乃流・風に負けない強いボールの打ち方

2020年11月19日(木)午後0:00

ゴルフ真剣勝負 the MATCH~女子プロ92年会 3マッチトーナメント~ 青木瀬令奈vs香妻琴乃
この記事のキーワード
 アマチュアゴルファーのミスにはいくつかのパターンがありますが、「インパクトで体が突っ込んで、力のないスライスボールが出てしまう」というのはその代表的なものではないでしょうか。実は私もときどき同じようなミスをやってしまうことがあるので、できるだけ体が突っ込まないように気を付けてスイングしています。

 私が意識しているポイントは2つあります。まずアドレスでは、手元の位置が中に入りすぎないようにしています。

 その理由は、写真①のように真ん中に手元を置いて構えてしまうと、インパクトで手首が写真②のように自分から見て左側に折れやすくなり、それを元に戻そうとして体が左に突っ込みやすくなるからです。

写真①②

 このようにならないようにするためにも、アドレスのときから手元が前に出たハンドファーストの形を作っておく必要があります。

 具体的には、スタンスを開いて前傾姿勢を取ったら左手をダラリと下ろし、その下ろした位置でクラブを握るようにしています(同③)。そして手元の位置を動かさず、ヘッドをボールに合わせてセットすれば自然とハンドファーストの形になります。

 また、スイングでは、頭を残してボールを打つことを強く意識しています。写真④のように頭は右足の上にあり、手元だけが前に進んでいるのが理想。そうすれば腰が左に流れることなく、また写真⑤のように体が突っ込むこともなく、ハンドファーストの形でボールをとらえることができるからです。

写真③~⑤

 この形でインパクトができれば、スライスを抑えられるだけでなく、しっかりつかまったボールになり、飛距離も伸びます。

「力はある程度あるのにアイアンショットでボールが飛ばない」、「7番アイアンと8番アイアンの飛距離があまり変わらない」というような人は、ぜひ構えと頭の位置を意識してください。番手通りの飛距離が出るのはもちろん、風に負けない強い球が打てるようになるはずです。

香妻琴乃(こうづま・ことの)
1992年4月17日、鹿児島県生まれ。3歳からゴルフを始め、横峯良郎が主宰する「めだかクラブ」で弟の陣一朗や横峯さくららとともに練習に励んだ。2011年、プロテストに一発合格しプロ転向。14年には賞金ランキング19位で初のシード権を獲得した。18年9月、マンシングウェアレディース東海クラシックで、プロ入り8年目にして念願の初優勝を飾った。ここ2年不調だが、今季復活を目指す。

【関連】ZAKZAK by 夕刊フジ(夕刊フジ 2020/11/13 発売号より転載)

関連番組

ゴルフ真剣勝負 the MATCH~女子プロ92年会 3マッチトーナメント~ 青木瀬令奈vs香妻琴乃

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。