ニュース・コラム

国内男子

重永亜斗夢がノーボギーで単独首位 金谷拓実、アマ中島啓太は12位タイ

2020年11月19日(木)午後4:06

 国内男子ツアーのダンロップフェニックスは19日、宮崎県のフェニックスカントリークラブ(7,042ヤード、パー71)を舞台に第1ラウンドの競技を終了。前後半ともにノーボギーの3アンダーで回った重永亜斗夢が6アンダー「65」で単独首位発進を切った。

 5アンダー単独2位に岩田寛。4アンダー3位タイに稲森佑貴、時松隆光、チャン・キム(米)ら。金谷拓実は5バーディ、2ボギーにまとめ、星野陸也、アマチュア中島啓太(日本体育大2年)らとともにトップと3打差の3アンダー12位タイと好スタートを決めた。

 前週の三井住友VISA太平洋マスターズでツアー初優勝を達成した香妻陣一朗は、開始6ホールで3ボギーを叩いたものの、その後17番、8番、9番でバーディ。連覇を狙うマスターズ帰りの今平周吾らとイーブンパー44位タイにつけている。

 また、石川遼は1バーディ、4ボギーの3オーバー71位タイと出遅れた。

関連番組

2020 ダンロップフェニックストーナメント
11月19日(木)~11月22日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。