ニュース・コラム

レッスン

攻略のキーワードは「インサイドシャロー」左足下がり+枯れた冬芝でバンカー越えのアプローチ

2021年2月17日(水)午後0:00

あすゴル!ゴルフ部
この記事のキーワード
 今回は難易度の高いライからのアプローチショットを紹介しましょう。

 シチュエーションは、バンカー越えでピンまで35ヤード。さらに、左足下がりで、ライは冬の枯れた芝。ツアーで戦うプロでも、「これは厄介だな」と思う条件です。果たして、こういう場面ではどのように打てばいいのか。

 寄せるためには、ガードバンカーを越えたあたりに落として、転がすというのが理想。しかし、少しでもヘッドがボールの下を潜ってしまうとバンカーを越えず、球が上がりすぎて目玉になってしまう。そうならないために、オーバーを覚悟で、確実にキャリーでピンあたりまで持っていくというのが一般的な攻め方になるでしょう。

 しかし、ツアープロともなると、いつもそういうショットを繰り返すわけにはいきません。たとえばパー4の3打目で、そのホールをパーで上がらなければ予選落ちをするといった場合、何としてもワンパット圏内に付けなければならないからです。

 そんなとき、プロたちはどうするか。その打ち方、狙い方は人それぞれで、正解というものはありませんが、今回は、易しくて、しかもピンに寄る確率が高い打ち方を紹介しましょう。

 キーワードは、「インサイドシャロー」です。具体的には、ダウンスイングではインサイドからシャローな軌道でヘッドを下ろし、ソールのヒール側を芝に滑らせながら打つという方法です。

 そうすると、エクスプロージョンのような形になってボールは高く上がるし、なおかつソールが滑ることでヘッドが走るのでスピンも掛かります。もちろん、ソールが滑るので、ザックリのミスも回避できます。

「ヒール側を滑らせる」ということで、シャンクが出やすくなると思う人もいるかもしれませんが、しっかりインサイドから下ろせば、トゥ側から入ってくることになるので、インパクトで手が前にさえ出なければシャンクになる可能性はほとんどないといっていいでしょう。

 打ち方のポイントは、普段よりもフェースを開いて構えること。そしてスタンスも少しだけ広めにします。また、ヘッドはイメージよりもダフらせるつもりで手前から入れることも大事です。ソールが滑ってくれさえすれば、確実にボールは上がります。

 高度な打ち方のように感じるかもしれませんが、やってみると思った以上に使えると思います。引き出しの一つに加えておきましょう。

★CS放送ゴルフネットワーク「あすゴル!ゴルフ部(出演:内藤雄士PGAティーチングプロほか/毎週日曜よる10時初回放送)」#151より

関連番組

あすゴル!ゴルフ部

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。