ニュース・コラム

PGAツアー

石川遼、ドライバーの使用法など新たな発見も「悔しい気持ちでいっぱい」

2021年6月19日(土)午後9:04

2021 全米オープンゴルフ選手権
この記事のキーワード
 海外男子メジャーの全米オープンゴルフ選手権は18日、米カリフォルニア州のトーレパインズ サウスコース(7,652ヤード・パー71)で第2ラウンドが行われ、石川遼は通算11オーバーで予選落ちを喫した。

―2日間を振り返って

 自分の良いものが出せず悔しかったです。

―後半は右に行くシーンがあった

 右が大丈夫なホールでのミスでしたが、ドローで戻って来て欲しいところで戻って来ませんでした。

―最終ホールはフェアウェイをキープしていた

 最終ホールは良かったですが、集中力の問題もあり今は悔しい気持ちでいっぱいです。

―コースの印象やショットについて

 感じたミスがそのままミスになるコースだと思います。ミスしたけど何とかバーディパットが打てるほど甘くはなかったです。アイアンがここまで悪いと苦しいと思います。アイアンはもっともっと上手くならないといけない分野で、ドライバーは収穫があったので、しっかり整理してこれからの自分のゴルフに活かしたいです。

―この経験を今後にどう活かしたいか

 自分次第だと思います。今回はドライバーを変えてコースセッティングによってはこういう使い方もありだと思いました。ショートゲームが上手く行かずスコアがロングゲームに繋がっていなかったです。繋げることができればロングゲームを活かせたと思います。そこの繋がりの噛み合いを今後、上手くできるようになれればと思います。

関連番組

2021 全米オープンゴルフ選手権
6月17日(木)~6月20日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。