PGAツアー

2021 全米オープンゴルフ選手権

2021 全米オープンゴルフ選手権
注目のキーワード
  • 6月17日(木)~6月20日(日)
  • コース:トーレパインズ サウスコース (カリフォルニア州)
  • 賞金総額:1,250ドル(優勝賞金:225万ドル)
  • 解説:内藤雄士(PGAティーチングプロ・前半)/佐藤信人(プロゴルファー・JGTO理事) ゲスト解説:額賀辰徳(プロゴルファー・1日目)/深堀圭一郎(プロゴルファー・2日目)/堀川未来夢(プロゴルファー・3日目) 現地リポーター:杉澤伸章(プロキャディ・1〜3日目)/進藤大典(プロキャディ・3日目〜4日目) 実況:薬師寺広(前半)/若月弘一郎(中盤)/田中雄介(後半)
  • 全ラウンド生中継
★全ラウンド生中継/同時配信★
 <放送・配信予定>
練習ラウンド 6/15(火)深夜0:30~翌16(水)午前5:30
1日目 6/17(木)午後11:30~翌18(金)午後12:00 ※最大延長午後1:00まで
2日目 6/18(金)午後11:30~翌19(土)午後12:00 ※最大延長午後0:30
3日目 6/19(土)深夜1:00~翌20(日)午前10:00 ※最大延長午前11:00まで
最終日 6/20(日)午後11:00~翌21(月)午前9:00 ※最大延長午後2:00まで

<主な出場予定選手>
松山英樹、石川遼、浅地洋佑、星野陸也、ダスティン・ジョンソン(米国)、ジャスティン・トーマス(米国)、ジョン・ラーム(スペイン)、コリン・モリカワ(米国)、ブライソン・デシャンボー(米国)、ザンダー・ショフレ(米国)、フィル・ミケルソン(米国)

1895年から米国で最も権威のある大会として歴史を刻む全米オープンゴルフ選手権。121回目を迎える今年はファーマーズインシュランスオープンが開催されるカリフォルニア州トーレパインズゴルフコース・サウスコースで開催される。太平洋に面した断崖に沿って1957年に開場したコースは全長7698ヤードとPGAツアーで最長距離を誇る。全米オープンは2回目の開催。前回は2008年大会。タイガー・ウッズがロッコ・メディエイトとの19ホールに及ぶプレーオフを制し、3度目の優勝を果たした。タイガーはこの優勝でメジャータイトルをそれぞれ3度ずつ制するトリプルグランドスラムを達成した。昨年大会の優勝者ブライソン・デシャンボーをはじめ、今年1月のファーマーズインシュランスオープンを制したパトリック・リード、さらに2008年大会で優勝争いを繰り広げ現在好調を維持しているリー・ウエストウッドなどが出場予定。
 
番組プレゼントのお知らせ!

 

放送予定



  • スマホ・PCで いつでも どこでも 番組が見られる! 権利上の理由により同時配信・見逃し配信を実施していないあるいは配信期間が終了している番組がございます。

ニュース

試合結果

2021 全米オープンゴルフ選手権

順位
選手名
1R
2R
3R
4R
合計
スコア
1
ジョン・ラーム
69
70
72
67
278
-6
2
ルイス・ウーストハウゼン
67
71
70
71
279
-5
3
ハリス・イングリッシュ
72
70
71
68
281
-3
4
グイド・マグリオジー
71
70
73
68
282
-2
4
ブルックス・ケプカ
69
73
71
69
282
-2

詳細を見る

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。