ニュース・コラム

国内男子

A.エバンスがトップ通過、手嶋多一は29位 国内男子ファイナルQT

2021年12月10日(金)午後5:36

 国内男子ツアーの来季出場権をかけた「2021年度ファイナルクォリファイングトーナメントSupported By SMBCモビット」は10日、宮崎県のトム・ワトソンゴルフコース(6984ヤード・パー72)で最終ラウンドが行われ、アンドリュー・エバンス(豪)が通算8アンダーでトップ通過を決めフルシード権を得た。

 通算7アンダーに平田憲聖(2位)、通算5アンダーに竹内優騎(3位)、篠優希(4位)、川上優大(5位)、通算4アンダーに大内智文(6位)と続いた。

 手嶋多一は通算3オーバー29位、アマチュアの米澤蓮(東北福祉大4年)は通算7オーバー55位、河本力は通算11オーバー74位、藤本佳則は通算22オーバー92位だった。

(写真:JGTO Images ※日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 3R)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。