ニュース・コラム

PGAツアー

アマのT.ヴィックは16位で全米OP決勝へ 元MLB投手がメンター

2022年6月18日(土)午後4:32

2022 全米オープンゴルフ選手権
 海外男子メジャーの全米オープンゴルフ選手権は17日、米マサチューセッツ州のザ・カントリークラブ(7,264ヤード・パー70)で第2ラウンドが行われ、アマチュアのトラビス・ヴィック(米)が通算1アンダー16位タイにつけている。

 ヴィックはマスターズ覇者のスコッティ・シェフラー(米)らを輩出したテキサス大学の3年生。高校時代はゴルフ、野球、アメリカンフットボールと3つの競技で活躍。野球ではニューヨーク・ヤンキースのアンディ・ペティット元投手、ヒューストン・アストロズのランス・バークマン元打者がコーチを務めており、特にペティット氏はヴィックのポテンシャルを高く評価していたという。

 結果的にヴィックはゴルフ一本に絞ったのだが、ペティット氏はヴィックのメンターであり、「練習場で打っているように本番で打てるのがベスト。野球で例えるならブルペンで投げているみたいに、マウンドから投げられれば良い。そうするためには体をリラックスさせることが大切」などとアドバイスを送っている。

 ヴィックは「アンディはいつもメンタル面でサポートしてくれる。ゴルフの知識も豊富だが、メジャーリーガーとしての経験を聞くことができるから有難い」と競技は違えど似ている部分は多くあるので、ペティット氏の意見が生きているようだ。

(写真:Getty Images)

関連番組

2022 全米オープンゴルフ選手権
6月16日(木)~6月19日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。