ニュース・コラム

その他

マスターズ目指す宮里は暫定6位 世界51位のB.スネデカーは棄権

2017年12月15日(金)午後9:07

インドネシアンマスターズ
 アジアンツアー最終戦のインドネシアンマスターズは現地時間15日、同地のロイヤルジャカルタゴルフクラブを舞台に第2ラウンドの競技を行ったが、日没サスペンデッドが決定。宮里優作(16H終了)は通算9アンダー暫定6位タイとなった。

 5アンダー8位タイからスタートした宮里は、6バーディ、1ダブルボギーとスコアを4つ伸ばした。一方、通算14アンダー暫定単独トップはジャスティン・ローズ(英/16H終了)で、宮里と同様に4ストローク伸ばしている。

 通算12アンダー単独2位にキラデク・アフィバーンラト(タイ)、通算11アンダー暫定3位タイにスコット・ヴィンセント(ジンバブエ)、キム・ジファン(韓)が続く。

 その他、片岡大育(16H終了)が通算2アンダー暫定51位タイ、秋吉翔太が通算1アンダー暫定65位タイとなっている。

 今大会終了後の世界ランキングで50位以内に入ればマスターズ出場権を獲得でき、56位のアフィバーンラト、58位の宮里にも可能性は残されている。51位のブラント・スネデカー(米)は途中棄権した。

関連番組

インドネシアンマスターズ
12月14日(木)~12月17日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。