ニュース・コラム

その他

連日のサスペンデッドが決定 マスターズ目指す宮里は暫定6位

2017年12月16日(土)午後7:12

インドネシアンマスターズ
 アジアンツアー最終戦のインドネシアンマスターズは現地時間16日、同地のロイヤルジャカルタゴルフクラブを舞台に第2ラウンドの残りと第3ラウンドの競技を行ったものの、前日に引き続きサスペンデッドが決定した。

 午前に行われた第2ラウンドを5位タイで終えた宮里優作は、2番パー5でアプローチを寄せきれず、ボギーを叩く。直後の3番、7番でバーディを奪うことに成功したが、8番終了後に雷による中断が決定。首位と5打差の通算11アンダー暫定6位タイで最終日を迎える。

 その他、宮里を含め4人が決勝ラウンドに進出。高橋賢(15H終了)が通算5アンダー暫定33位タイ、片岡大育(11H終了)は通算2アンダー暫定52位タイ、秋吉翔太(9H終了)が通算1オーバー暫定73位タイとなっている。

 一方の暫定単独首位は通算16アンダーまでスコアを伸ばしたジャスティン・ローズ(英/8H終了)。3打差の暫定2位タイにスコット・ビンセント(ジンバブエ/8H終了)、宮里同様に来年のマスターズ出場権を懸け年内の世界ランランキング50位入りを目指すキラデク・アフィバーンラト(タイ/8H終了)が続く。

 翌日の6時15分から第3ラウンドを再開し、7時30分から最終ラウンドを開始する。

関連番組

インドネシアンマスターズ
12月14日(木)~12月17日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。