ニュース・コラム

その他

宮里優作、4位でマスターズ出場に前進 J.ローズが「62」で優勝

2017年12月17日(日)午後6:06

インドネシアンマスターズ
 アジアンツアー最終戦のインドネシアンマスターズは現地時間17日、同地のロイヤルジャカルタゴルフクラブを舞台に順延した第3ラウンドの残りと最終ラウンドの競技を終了。

 第3ラウンド終了時に単独3位に浮上した宮里は、序盤はボギーが先行する苦しいい展開に。しかし9番でこの日2つ目のバーディをマークすると、後半でも3つスコアを伸ばし、3アンダー69でホールアウト。4位以内なら来年のマスターズ出場権が獲得できる世界ランキング50位入りに大きく近づく同選手は、通算18アンダー単独4位でフィニッシュした。

 決勝ラウンドに残った他の日本勢は、通算2アンダー51位タイに片岡大育と高橋賢、通算3オーバー69位タイに秋吉翔太となっている。

 一方、優勝はジャスティン・ローズ(英)。最終日に1イーグル、9バーディを奪うなど10アンダー62をマークした同選手が後続に8ストローク差の通算29アンダーまでスコアを伸ばし、今年3勝目を飾った。

 通算21アンダー単独2位にパチャラ・コンワットマイ(タイ)、通算19アンダー単独3位にスコット・ビンセント(ジンバブエ)。また、宮里同様にマスターズ出場権を目指すキラデク・アフィバーンラト(タイ)も18番でイーグルをマークして通算17アンダー単独5位で終え、世界ランク50位以内入りに前進している。

 尚、注目の世界ランキングは18日月曜日に発表される。

関連番組

インドネシアンマスターズ
12月14日(木)~12月17日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。