ニュース・コラム

レッスン

パッティングに悩む人へ、貞方章男が提言する2つのポイント

2018年2月2日(金)午後2:55

ゴルフ真剣勝負 the MATCH ~今田竜二vs貞方章男~
この記事のキーワード

 アマチュアゴルファーでパッティングに悩んでいる人は多いようで、一緒にプレーをする機会があるとよく質問を受けます。「どうすれば入るようになるのか?」と。 そんなときは、まずその方のパッティングを見るのですが、ほとんどの人が同じミスを犯しています。それは、ヘッドアップ(写真①)です。ボールの行方が気になるのは分かりますが、ひどい人になると、インパクト前から顔が上がっている人がいます。

写真①
写真①

 昔から、「カップインは目ではなく、耳で確認しろ」などといわれていますが、頭を動かすというのは絶対にやってはいけないこと。頭が動かすと肩も動いてしまうので、ストロークの途中でヘッドの軌道が変わってしまう(真っすぐではなくインサイドに出てしまう)からです。

 そうならないためにも、打ち終わったあともボールを見続けることが大事です。それも、ボールの真上ではなく、ボールの右側(写真②左)を見続けることをお勧めします。そうすれば最後まで頭を残せるようになるはずです(写真②右)。

写真①
写真②

 もう一つ、アマチュアゴルファーのパッティングで気になるのが、構えたときのボールの位置です。基本的に、軌道の最下点でボールをとらえたほうが、フェースをスクエアに戻しやすく、その分、方向性も安定するので、ボールは体の真ん中に置くのがベスト(写真③左)です。しかし、アマチュアゴルファーの中には、左足寄りに置いたり(写真③中)、右足寄りに置いたり(写真③右)する人がいます。

写真①
写真③

 ボールの位置が前後にずれると、手元の位置もハンドレート気味(左足寄りに置いた場合)になったり、ハンドファースト気味(右足寄りに置いた場合)になったりするので、シンプルなストロークができなくなるというデメリットもでてきます。

 もちろん、多少の癖があってもそれで安定したストロークができているというのであれば直す必要はありません。しかし、「入らなくて悩んでいる」というのであれば、一度基本に戻ってみてはいかがでしょうか?

貞方章男(さだかた・あきお)
1979年4月24日奈良生まれ。14歳で単身渡米。15歳の時に今田竜二に会ったのをきっかけに、今田のコーチに師事。3人で寝食をともにしていた。02年に米ツアーのQTで5位に入り、03年は同ツアーに参戦。07年に日本ツアーのQTを受け、翌年から本格参戦。08~10年、12~15年にシード選手としてツアーに参戦。

(この記事は、夕刊フジ 2018/1/25発売号より転載しています)

毎週木曜日発売「夕刊フジ」で連載中

産経新聞社が発行する毎週木曜日発売の「夕刊フジ」紙面にて、「ゴルフ真剣勝負 the MATCH」に出演するプロのワンポイントレッスンを連載中です。

【関連】ZAKZAK by 夕刊フジ

ゴルフ真剣勝負 the MATCH

プロによる1対1の真剣勝負をお届けする新番組。ゴルフ専門チャンネルだから見ることのできるマッチメイクで、プロ同士の真剣勝負を2時間にわたって放送。番組ではプロのテクニックに留まらず、クラブ選択や状況判断などのプロの考え方も紹介し、アマチュアゴルファーにも参考になる情報をお届けする。

【特設サイト】ゴルフ真剣勝負 the MATCH
【見逃し配信】ゴルフ真剣勝負 the MATCH

関連番組

ゴルフ真剣勝負 the MATCH ~今田竜二vs貞方章男~

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。