ニュース・コラム

レッスン

お腹にグリップエンドをつけてボールを曲げない正しい動きを覚えよう! 井戸木鴻樹のスイングレッスン

2018年5月11日(金)午後3:32

ゴルフ真剣勝負 the MATCH ~井戸木鴻樹vs平石武則~
この記事のキーワード
 ボールを真っすぐ飛ばすために、手元が腰まで上がったときにフェース面が正面を向いているかどうか、また、ダウンスイングで手元が腰まで下りてきたときに同じくフェース面が正面を向いているかどうか、さらにフォロースルーで手元が腰のところまできたときにフェース面が後方を向いているかどうかをチェックすることが大事。スイング中、フェース面がこのようにコントロールできていれば、ボールは間違いなく真っすぐ飛びます。

 もう一つ、ボールを曲げないためには、次のようなドリルもオススメです。

 写真①~⑥のようにクラブを短めに持ち、グリップエンドをお腹にくっつけ、スイング中、グリップエンドがお腹から離れないようにしたまま素振りをする練習です(ただし、写真②と⑥のようにトップとフィニッシュではお腹から離れます)。

①、②
 
③、④
 
⑤、⑥

 このドリルをやるときも、手元が腰まで上がったとき、ダウンスイングで手元が腰まで下りてきたとき、フォロースルーで手元が腰のところまできたときのフェース面の向きをチェック。バックスイングとダウンスイングでは正面、フォロースルーでは後方を向いているかどうかを確認してください。

 レッスンの際、「スイング中、グリップはお腹を刺す(向く)ように」というアドバイスを受けたことがある人も多いと思いますが、それを具体化したのがこのドリルです。お腹にグリップエンドをくっつけてスイングすることで、体の正面にグリップを置いておくためにはどういう体の動かし方をすればいいかがわかります。

 普段のスイングで、ダウンスイングで溜めすぎていた人(同⑦)や、インパクト~フォロースルーで手首を返しすぎていた人(同⑧)は、このドリルをやるとかなり違和感を覚えると思いますが、ボールを曲げないためには正しい動きを覚えることが大事。

⑦、⑧

 お腹にグリップをくっつけたままでもスムーズにできるようになるまで練習を積んでください。

井戸木鴻樹(いどき・こうき)
1961年11月2日大阪生まれ。中学校卒業と同時に箕面ゴルフGCへ就職。82年にプロ入り。90年の関西プロゴルフ選手権でプロ初優勝を飾る。90年から2012年までレギュラーツアーで15回賞金シードを獲得。12年シニア初優勝。13年、全米プロシニアゴルフ選手権では、日本男子選手として初となるメジャー優勝を飾った。
 

(この記事は、夕刊フジ 2018/5/3発売号より転載しています)

 
毎週木曜日発売「夕刊フジ」で連載中

産経新聞社が発行する毎週木曜日発売の「夕刊フジ」紙面にて、「ゴルフ真剣勝負 the MATCH」に出演するプロのワンポイントレッスンを連載中です。


【関連】ZAKZAK by 夕刊フジ

関連番組

ゴルフ真剣勝負 the MATCH ~井戸木鴻樹vs平石武則~

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。