ニュース・コラム

レッスン

実際はそんなに難しくない!? 脱出するにはアドレスから 宮里美香のバンカーレッスン

2018年6月15日(金)午後5:00

ゴルフ真剣勝負 the MATCH ~テレサ・ルーvs宮里美香~
この記事のキーワード
 アマチュアゴルファーの中には、バンカーショットが苦手という人が多いようですが、実際にはそんなに難しいショットではありません。もちろん、成功させるためには、いくつかのポイントを押さえておかなければいけませんが、苦手な人はそれをやっていないだけです。

  そもそもバンカーショットというのは、ヘッドを砂に潜り込ませて砂を爆発させてボールを飛ばすショット。なので、バンカーならではの打ち方というのがあります。「上手くいかない!」という前に、まずはその基本をしっかり覚えてください。

 最初に、構えです。構えで最も大事なのは、フェースを開くこと(写真①)。バンカーで使うサンドウェッジには他のクラブに比べて少し大きめのバンス(出っ張り)がついているわけですが、そのバンスを生かすためにフェースを開きます。
 
(写真①)

 フェースを開くとき注意したいのは、グリップしたままフェースを開かないこと。グリップしたままフェースを開くと、インパクトではフェースが元に戻ってしまう(スクエアなってしまう)からです。そうならないためにも、手の中でフェースを開いた状態にしてからグリップするようにしてください。

 そして、フェースを開いた分、ボールにスライスのスピンがかかるので、右に転がってもいいようにスクエアに構えるのではなく(同②)、写真①のように少しオープンに構えるのもポイントの一つです。

(同②)

 もうひとつアドレスで大事なのは、左足体重で構えることです(同③)。というのも、バンカーでは、体重移動をしないからです(これについては、次回の「打ち方編」で詳しく説明します)。
 
(同③)

 細かいことを言えば、足場をしっかり固めることも大事です。とくに滑りやすい砂の場合は、足が流れることがあるのでしっかり固めておきましょう。ちなみに、足場を固める作業というのは、砂の質を知るうえでも有効です。硬いか軟らかい、滑りやすいのかそうでないか。足をグイグイやりながら確かめましょう。

 これでアドレスは完了です。このアドレスができれば、そう大きなミスはしないと思いますが、次回、打ち方の注意点についてお話ししたいと思います。

宮里美香(みやざと・みか)

1989年10月10日沖縄生まれ。中学生で出場したダイキンオーキッドで8位に入り、一躍脚光を浴びる。さらに同年6月の日本女子アマでも14歳8カ月という最年少記録で優勝。08年に米国女子ツアーの最終予選会で12位に入り、09年の出場権を獲得してプロ転向。10年日本女子オープン優勝。12年には米ツアー初優勝を飾る。

【関連】ZAKZAK by 夕刊フジ(夕刊フジ 2018/6/7発売号より転載)
 

関連番組

ゴルフ真剣勝負 the MATCH ~テレサ・ルーvs宮里美香~

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。