ニュース・コラム

国内男子

藤田寛之、軌道をダウンブローにするためのドリル 「鋭角にヘッドを入れる」はNG

2019年6月20日(木)午後1:31

ゴルフ真剣勝負 the MATCH~藤田寛之 vs 宮本勝昌~
この記事のキーワード
「アイアンはダウンブローで打て」とよく言われます。そもそもダウンブローとは、スイングが最下点に達する前、ヘッドが上から下に下降しているときにボールをとらえる軌道のことをいいますが、何故この軌道がいいのか?

 その理由はいくつか挙げられますが、「鋭角にヘッドが入るので、フェースとボールとの間に芝が入りにくい」、「フェース面の上から下への擦れが大きくなり、バックスピンがかかりやすい」、「ロフトが立って当たるので、飛距離が伸びる」というのが主な理由です。

 これらの理由からも分かるように、ティーアップしていない、地面にあるボールを打つアイアンショットの場合は、「ダウンブロー」が絶対条件になるわけです。

 しかし、アマチュアゴルファーの多くは、残念ながらダウンブローで打てていません。それどころか、ボールを上げたいという気持ちが強すぎるのか、逆にすくい打っている人がいるくらい。これでは飛距離も出ないし、番手間の飛距離差も出てきません。

 そこで今回は、自然とダウンブローで打てるようになるドリルを紹介しましょう。

 まずいつもと同じように構え、その構えを崩さずに左足を右に動かしいったん両足を揃えます(写真①)。

写真①
 
 そしてここからテークバックし、切り返し~ダウンスイングで左足を踏み込みながらボールを打ち、そのままフィニッシュ(同②)まで持っていきます。

同②
 
 このように切り返し~ダウンスイングで下半身を先行させることで、自然とハンドファーストの形ができ(同③)、ボールをダウンブローにとらえることができるというわけです。
 
同③
 
 このドリルも“チームセリザワ”ではよく行うメニューで、軌道修正にも役立ちます。

 アマチュアゴルファーの中には、「ダウンブロー=鋭角にヘッドを入れればいい」と思っている人が多く、上から叩きつけるように打つ人もいるようですが、実際はそうではありません。

 そういう人は、このドリルで正しいダウンブローの打ち方を身につけてください。そうすれば、飛距離も伸びるし、思ったところにボールを止められるようになるはずです。

藤田寛之(ふじた・ひろゆき)
1969年6月16日福岡生まれ。92年、専修大学時代にプロ転向。97年サントリーオープンでツアー初優勝。20代1勝、30代5勝、40代12勝と年齢を重ねるごとに勝ち星を増やし、12年には年間4勝を挙げ、43歳にして賞金王へと上り詰めた(史上最年長記録)。22年連続でのシード権獲得は、尾崎将司に次いで歴代2位タイ。
 

関連番組

ゴルフ真剣勝負 the MATCH~藤田寛之 vs 宮本勝昌~

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。