ニュース・コラム

レッスン

小柄でも平均飛距離は300ヤード超え!ザンダー・ショフレから学ぶ振り遅れ解消法

2020年3月17日(火)午後2:00

みんなのPGAツアー
この記事のキーワード
 ザンダー・ショフレ(米)は身長178cmと米ツアーでは小柄ながら、平均飛距離は300ヤード越えます。そんな飛ばし屋のスイングをゴルフスイングコンサルタント・吉田洋一郎氏が解説。振り遅れを解消するワンポイントドリルも紹介しています。
 
 
優れた足の動きで飛距離を出すショフレのスイング
 ショフレ選手の体は身長178cmとそんなに大きくないのですが、全身を上手く使って飛ばします。特に、足の動きが非常に優れていると感じます。ダウンスイングで左足を踏み込み、インパクトからフォローで左足をピンと伸ばし、縦の動きである「地面反力」を利用しています。

 この動きを行うことで、前傾の回転スピードが上がり飛距離が伸びていきます。身長178cmでも300ヤードを飛ばすというのは、自分の筋力以外の部分をしっかりと使えている証拠だと思います。
 
振り遅れ解消には正しい「前後軸」を身につけよう

 では、ショフレ選手のスイングから、「振り遅れ」解消のヒントをご紹介します。

 まず振り遅れの原因のひとつは、ダウンスイングで下半身が横に流れ軸が傾いてしまい、クラブがインサイドから降りてしまうことです。ショフレ選手のように左足を伸ばしながらインパクトすることで、上半身の右肩が前に出る感じで回転することができます。これを「前後軸(の回転)」といいます。
 

 正しくできれば右肩は自分の正面に出ていきますが、下半身が横に流れてしまうと右肩が下がってしまい、回転が上手くできなくなってしまいます。




 なので、左足を踏み込んだらすぐに重みを抜くような形で上に力を移動させましょう。そうすることによって、軸の傾きが軽減されると思います。中・上級者で下半身を使いたい方や、下半身が流れてしまう方には、ショフレ選手のスイングはお勧めです。

(メイン画像:Getty Images)

関連番組

みんなのPGAツアー

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。