ニュース・コラム

レッスン

成田美寿々イチオシ!スイングに効果抜群のストレッチ

2020年11月27日(金)午前11:52

ゴルフ真剣勝負 the MATCH~女子プロ92年会 3マッチトーナメント~ 成田美寿々vs葭葉ルミ
この記事のキーワード
 ゴルフではストレッチが大事だということは、耳にタコができるくらい聞いていると思いますが、皆さんはしっかりやっていますか?

 プロたちはラウンド前、それこそショット練習と同じくらい念入りにストレッチをやるものですが、アマチュアゴルファーの中にはほんの形だけという人もいるような気がします。ナイスショットを打つためにも、また、ケガの予防のためにもしっかりやるようにしたほうがいいと思います。

 そこで今回は、私が練習やラウンド前に必ずやっているちょっと変わった、しかし効果は抜群のストレッチを紹介しましょう。

 まず、やり方から説明しましょう。写真①のように片足はひざまずき、もう一方の足は立てた状態にします。そして、ひざまずいたほうの手を上に上げ、立てた足のほうの手は膝の上に置きます。

写真①

 次に上げた手の手のひらをほぼ真上に向け、正面を向いていた手首が後ろに向くように手をひねり(右手の場合は左回転、左手の場合は右回転)ながら体もゆっくりねじります(同②③)。

写真②③

 やってみれば分かると思いますが、これをやると脇腹あたりがグッと伸びる感じがします(同④)。ゴルフは体をねじるスポーツなので、このストレッチがどれだけ大事かは皆さんも分かるはず。

写真④

 私自身、回数は決めていませんが、右手側を数回やって、十分にねじれる体になったと感じたら、左右の足を入れ替えて左側も念入りにねじるようにしています。

 このストレッチは、私をいつも指導してくれているトレーナーが考えてくれたもの。「脇腹を伸ばしなさい」ということで、よく体側を伸ばす体操(片方の手を上げて、その手と逆側に体を倒す体操)をしている人がいますが、あれは単に脇腹を伸ばすだけ。ねじるという動きが入っていないので、同じ時間をかけるなら今回紹介したストレッチをやったほうがいいと思います。

 ちなみに、この動きを膝をつかないでやるバージョン(同⑤)もあるのですが、こちらは負荷が大きくなるので注意してください。

写真⑤

 一風変わった動きなので、仲間からは「何をやっているの?」と言われるかもしれませんが、その効果のほどは私が保証します。ぜひ試合前のルーティンとして取り入れてください。

成田美寿々(なりた・みすず)
1992年10月8日、千葉県生まれ。11年にプロテストを初受験。不合格となるもQT上位でツアー出場権を獲得し、12年の富士通レディースで初優勝。以後、5年連続でシード権獲得。14年は3勝を挙げ、賞金ランク5位に輝いた。18年も3勝で同5位に。国内ツアー通算13勝。20年はクラブの調整ミスからスイングを崩し、序盤予選落ちが続いたが復調の兆しも。完全復活に期待したい。

【関連】ZAKZAK by 夕刊フジ(夕刊フジ 2020/11/20 発売号より転載)

関連番組

ゴルフ真剣勝負 the MATCH~女子プロ92年会 3マッチトーナメント~ 成田美寿々vs葭葉ルミ

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。