ニュース・コラム

その他

LIV第2戦はグレイスが優勝 香妻陣一朗は6位で賞金1億円強を手に

2022年7月3日(日)午前11:52

 新リーグ「LIVゴルフ」の第2戦は2日、米オレゴン州のパンプキン・リッジGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、ブランデン・グレイス(南ア)が「65」の好スコアをマーク。通算13アンダーで優勝し、賞金400万ドル(約5億4,000万円)を獲得した。

 通算11アンダー単独2位にカルロス・オルティス(メキシコ)、通算9アンダー3位タイにダスティン・ジョンソン(米)、パトリック・リード(米)、通算7アンダー単独5位にルイス・ウーストハウゼン(南ア)が入った。

 日本勢は香妻陣一朗が通算6アンダー単独6位で、賞金80万ドル(約1億1,000万円)を手に。初出場の稲森佑貴は通算1アンダー11位タイ、谷原秀人は通算イーブンパー16位タイ、木下稜介は通算3オーバー23位タイで3日間を競技を終えた。

 4人1組12チームによる団体戦はジョンソン、リード、パット・ペレス(米)、テイラー・グーチ(米)の「4エースGC」が通算23アンダーで優勝。日本勢4人の「トルクGC」は通算11アンダー単独4位となった。

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。