情報・バラエティ

ゴルフ真剣勝負 the MATCH ジャパンゴルフツアー選手会シングルス

2016年4月に放送をスタートし、これまで50組以上のマッチプレーを放送してきた「ゴルフ真剣勝負 the MATCH」。
ジャパンゴルフツアー選手会から時松隆光、池田勇太、小鯛竜也、石坂友宏が出場し激突する!
5月はthe MATCH初のステーブルフォード方式で順位を付け、今シーズンの成績を占う。
時松隆光は1993年9月7日生まれの27歳。現在賞金ランキング14位、ツアー通算3勝。本名は源蔵だが、登録名は隆光。ブレークは2016年。チャレンジツアーの優勝で得た権利でダンロップスリクソン福島オープンに出場し見事優勝。ツアー外競技のネスレマッチプレーでも優勝し賞金1億円を獲得。2020年からは石川遼に代わり、選手会会長を務める。特徴はベースボールグリップ。
池田勇太は1985年12月22日生まれの35歳。現在賞金ランキング24位、ツアー通算21勝。2008年のルーキーイヤーでシード権を獲得。2009年、2010年には2年連続で4勝を挙げ年間最多勝を記録。2009年に日本プロ、2014年には日本オープンで優勝し、両大会を20代で制するのは1974年の尾崎将司以来6人目の快挙だった。2013年からは当時史上最年少で3年間、選手会会長を務める。2016年は3勝を挙げ、史上4人目の年間獲得賞金2億円を達成し初の賞金王に輝いた。同年、リオデジャネイロ五輪にも出場。2017年には当時史上最年少の31歳で生涯獲得賞金10億円を突破。2009年に11年連続優勝を達成し青木功、片山晋呉に並ぶ歴代2位に浮上した。
小鯛竜也は1990年2月1日生まれの31歳。現在賞金ランキング40位。ツアー通算1勝。2007年に17歳でプロ転向。だが、出場権をつかめずツアーにデビューしたのは4年後の2011年。初めての予選通過はさらに4年後の2015年。2016年はチャレンジツアー開幕戦で初優勝を飾り、賞金ランク4位。これで2017年のツアー出場権を獲得し、単独首位で3日目を終えたマイナビABCチャンピオンシップ最終日が台風の影響で中止となり、ツアー初優勝をつかみ取った。2018、2019年は優勝を争うようなプレーはできなかったがシードを維持。ファッションにも強いこだわりを持つ2児の父。
石坂友宏は1999年9月21日生まれの21歳。現在賞金ランキング15位。2019年の日本アマで4位。日本オープンでは23位でローアマを獲得した。アマチュアのままQTに挑戦し、ファイナルまで勝ち上がりプロ宣言。ルーキーイヤーの2020年は、ダンロップフェニックスで金谷拓実との新人同士のプレーオフに臨んだが、惜しくも敗れた。

放送予定



  • スマホ・PCで いつでも どこでも 番組が見られる! 権利上の理由により同時配信・見逃し配信を実施していないあるいは配信期間が終了している番組がございます。



出演プロ4名のサイン入りフラッグ&選手会会長 時松隆光グッズ:1名様
出演プロ4名のサイン入りフラッグ&西那須野カントリー倶楽部 平日無料招待券(1組4名様):1名様
合計2名様にプレゼント!
<応募受付期間>
5月5日(水)21:00〜5月31日(月)23:59


 

 

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。