ニュース・コラム

その他

人気キャディが大会直前、交通事故死

2008年1月25日(金)午後0:35

 ツアーで人気のプロキャディが、米男子ツアーのビュイック招待が行われているカリフォルニア州サンディエゴのコース(トリーパインズGC)近くでタクシーに轢かれ死亡するという悲しいニュースが届いた。

 事故が起きたのは現地時間23日の午前中。かつてジム・フューリック(米)とコンビを組みツアー4勝を挙げ、全米プロチャンピオンのリッチ・ビーム(米)がケンパー・オープンでツアー初優勝を飾ったときバッグを担いだスティーブ・ダプランティス氏が、道路を横断中、走行中のタクシーと接触。サンディエゴ市警によると、ほぼ即死状態だったと言う。

 今週同氏はビュイック招待でエリック・アックスレイ(米)のキャディを務めるはずだった。訃報に接し、かつての雇い主だったビームは「彼は僕がツアーで戦い始めて、最初に“良いキャディとはかくあるべき”というお手本を示してくれた人物だった。彼の発言はいつも自信に溢れていた。娘さんを大切にしていたから、さぞ無念だったことだろう」とダプランティス氏の死を悼んだ。

 享年35歳。あまりにも早過ぎる死に、ツアー関係者も動揺を隠せなかった。

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。