ニュース・コラム

レッスン

左右の腕のバランスがポイント!ボールが捕まるドライバーショット

2021年4月7日(水)午後2:24

あすゴル!ゴルフ部
この記事のキーワード
 思ったように球がつかまらず飛距離が出ない。そういうアマチュアゴルファーの方は多いと思うのですが、その原因のひとつに左右の腕のバランスがセオリー通りになっていないとうケースがあります。

 通常、クラブを持って構えたとき、左右の腕のバランスは、左腕が長く、右腕が短くなるというのが基本です。

 ところがアマチュアゴルファーの中には、左腕が短くて右腕が長いという人がけっこういます。むしろそういう人のほうが多いといってもいいくらい。おそらくクラブを握るとき、左手が手前で右手が先になるので、そのまま右腕が長く握ってしまう人が多いのでしょう。

 しかし、右腕が長くなると右肩がかぶったようなアドレスになり、バックスイングが浅くなるため、スイング軌道がアウトサイドインになって球がつかまらず、スライス球になったりこすり球になったりします。

 この問題を解決するためにも左腕を長くなるような構えをすることを強く意識するべきです。

 もしサポートしてくれる人がいるのなら、まず左手1本でクラブを握り、左手の小指側の手首のところにシャフトをあてがってもらい、そのシャフトの下から右手を握りましょう。そうすれば自然と、左腕が長い構えになります。

 1人でグリップを作るときは、スタンスをセットしてからベルトの前でグリップを作り、右手をグリップから離して右ワキを締め、右ヒジを下に向けて肩が下がっている状態を作ってからクラブを握ります。そして、右斜めからボールを見るような感じでグリップを作ってからヘッドを地面に下ろしましょう。

 このように構えれば、左腕が長いややハンドアップ気味の構えになり、テークバックではインサイドに入りすぎることはなく、ダウンスイングでは右ヒジが体の近くを通ってクラブが降りてくるので、インサイドアウト軌道でボールを押せるようになります。

 アマチュアゴルファーの中で、構えでの腕の左右のバランスを意識している人はほとんどいないと思いますが、ボールがつかまらないという悩みを持っているのなら、腕のバランスを強く意識することが大事。しっかりバランスがとれれば、右への弱々しい球しか打てなかった人も、しっかり球がつかまるようになり、強くて飛ぶ球が打てるようになるはずです。

★CS放送ゴルフネットワーク「あすゴル!ゴルフ部(出演:内藤雄士PGAティーチングプロ、大和笑莉奈プロ、竹村真琴プロ、高橋恵プロ、萩原菜乃花さん、芹澤名人/毎週日曜よる10時初回放送)」#158より

関連番組

あすゴル!ゴルフ部

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。