ニュース・コラム

レッスン

緩やかな左足下がりのロングショットは「ボールを右寄り」&「コンパクトスイング」

2021年12月22日(水)午後0:25

あすゴル!ゴルフ部
この記事のキーワード
 ピンまではウッドでないと届かない距離で、さらにライは左足下がり少しツマ先下がりというやっかいな状況。絶対にミスはしたくないというのはもちろんですが、できればグリーンにボールを届かせたいところではないでしょうか。

 左足下りの場合、ボールの位置を左足寄りにして、斜面に沿って上から下に振り抜くのが正しい打ち方だと思われている方も多いと思いますが、急角度(およそ7度以上)の斜面でない限り、その逆を試してみてください。

 このような場合は、ボール位置を通常よりも右足寄りにして、右重心キープでのスイングをすることが大事になってきます。

 また、クラブを短く持ち、ハーフショットに近いコンパクトなスイングを心がけることも重要なポイントです。そうすることで、ミート率がアップし、高弾道ドローが実現します。

 アマチュアゴルファーの場合、“飛ばすためのクラブ”だと思っているFWを手にするとついつい大振りになってしまいますが、傾斜地では肩から肩のスリークォータースイングをイメージ。もちろん実際は、それよりも少し大きめのスイングになるわけですが、それくらいの意識を持つことでミート率が格段に上がり、飛距離もそれほど落ちません。

 また、ゴルファーの中には、打点に関して、ウッド系のクラブはフェースの真ん中、もしくはそれよりも上でヒットしないとボールが上がらないと思っている人が多いようですが、FWの場合は下目でOK。ドライバーは芯よりも上に有効打点エリアがありますが、低重心設計のFWは下目のほうがボールが飛ぶし、キャリーを稼ぐためのスピン量も増えるからです。

 ボールを右に置いたら、その場でクルッと回るような感じでコンパクトにスイング。リーディングエッジでボールを拾うようイメージでクラブを振り下ろせば、ボールの手前を叩いてのダフリも、ボールの頭を叩いてのチョロも防ぐことができます。

 一般的に難しいといわれている左足下がりもこのようにすれば楽に打てて飛距離も稼ぐことができます。ぜひマスターして、長めの距離でもどんどんグリーンを狙っていきましょう。

★CS放送ゴルフネットワーク「あすゴル!ゴルフ部(出演:内藤雄士PGAティーチングプロ、黒田アーサーさん、高橋としみさん、萩原菜乃花さん、芹澤名人/毎週日曜よる10時初回放送)」#195より

関連番組

あすゴル!ゴルフ部

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。